スマホの楽しみ スマホデビュー 格安スマホ体験談

【自分だけスマホ持ってない】親を説得してスマホを手に入れる方法

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

自分だけスマホを持っていない…友達との関係が不安です

周りの友達がみんなスマホを持っていて、あなた1人だけスマホを持っていない。そのような環境に置かれているあなたは早くスマホが欲しいと思いつつも、日常生活の中で、友達との関係や会話においてやりにくい部分を感じているのではないでしょうか?

スマホを持っていないと言う事は、どんなに仲が良い友達であってもスマホと言う一種のコミュニティーから外れてしまうと言うことです。あなた以外の友達はスマホを持っていることにより、学校以外での時間も連絡を取り合い、アプリSNSサイトなど共有の趣味を持つ時間が作れるため、あなたが入れない空間ができてしまい、溝ができてしまいます。

実際にスマホを持っていない学生の意見としてこのようなところでやりづらさを感じているようです。

  • 会話の中でスマホの話が出ると話ができなくなる。
  • 家にいるときに友人同士が連絡を取り合っていると考えると切ない
  • 話の共有ができなるくなるごとに仲が悪くなってしまうのではと不安に感じる
  • なんで私だけ…と考えてしまう

みんな同じような悩みを抱えているわけです。あなたの周りでスマホを持っていないのがあなただけだとしても、あなたの知らない場所では同じような悩みを抱えている方が大勢いるということです。

そういった環境に置かれているあなたが、学校や友達関係において少しでもやりづらさを解消できるようにまとめます。もちろんスマホ買ってもらうと言うゴールに向けて解決策を導いていこうと思います。

スマホはみんな何歳から持ち始めている?

スマホをを所持する年齢というのは年々若くなってきております。あなたのお父さんお母さんが学生の頃であれば、高校生から持ち始めれば良いというのが一般的な考え方でありましたが、今では小学生も当たり前のようにスマホ持っている時代です。

今も昔も高校生になれば9割以上がスマホを所持していますが、中学生から小学校高学年であっても6割以上がスマホを持っているというデータがあります。10人いたら6人がスマホを持っているというのが現状です。

スマホを持つ年齢が若くなっている理由は、以下のものが挙げられます。

  • 防犯面を考え親が子供といつでも連絡を取れるようにしたいため
  • SNSの発達により自己表現の場がインターネットと言う環境が確立されたため
  • 少子化により1人の子供にかけることができるお金が増えたため
  • スマホ自体の価格競争が起きやすく購入することができるようになったため

もちろん少子化により1人の子供にかけることができるお金が増えたため、スマホ自体の価格競争が起き安く購入することができるようになったためなども大きな要因といえるでしょう。

あなたも当てはまる項目があるのではないでしょうか?しかし、スマホを購入することに至る決め手がないから今こうして悩んでこの記事を読んでいるわけですよね?そこの悩んでいる部分を明確にし、お父さんお母さんがスマホをを買ってもいいと言ってくれるような説得ができなければ話は前に進まないわけです。

親が子供のスマホ購入をためらう理由は何?

あなたは今までお父さんお母さんに「スマホを買ってほしい」と交渉した時、何を言い返されましたか?購入できないことの理由を述べられたのではないでしょうか?まずはお父さんお母さんが「スマホはまだ必要ない」と言う判断に至る要素をあらかじめ理解しておく必要があります。

親から駄目と反対される理由に対してなんで分かってくれないのかと嫌になることもあるでしょう。しかし、スマホを購入するまでに自身が我慢する部分があったり、逆にわがままでも押し通さなければいけない部分があったりと様々。

あなた自身の置かれている状況に置き換えて考えてみてください。

スマホは駄目の理由:「スマホを持つにはお金が掛かる」

正当性があって言い返すことができない、なおかつ大人にとっても都合の良い言葉が「お金がない」と言う言葉です。高校生になればアルバイトをして自分自身でお金を稼ぐことが可能になりますが、高校生であってもアルバイトを禁止している学校があったり、部活があるためアルバイトをする時間を作れなかったり、そもそも高校生でないからアルバイトすらすることができないという方もいるでしょう。

そういった形は親のお金に頼ってスマホを持つほかありません。頼りの綱である親に「お金がないからスマホは買えない」と一蹴されてしまうともう打つ手がなくなってしまいますよね。

お金は大切なものです。簡単に稼ぐことができないですし、稼いでくれるお父さんお母さんに感謝しなければいけないことは間違いありません。しかし、だからといって子供のスマホも買えないほどお金がないのかと言うことを考え行ってみるとそういったわけではありません。

スマホは月々2000円から3000円あれば持ててしまうことをあなたはご存知ですか?あなたのご両親はご存知ですか?月に数千円と言う単位であれば、工面をすれば誰でも出せる金額です。

工面とは具体的に、買い物に行ってあなたの欲しいものいつも買ってもらっているものを何か諦めてください。洋服であれば一着諦めれば1ヵ月スマホが持てます。外食の日を月に一回減らしてみてください。外で食べるのではなくあなた自身が家族に食事を作って提供することで2ヶ月3ヶ月分のあなたのスマホを払う位にはなるでしょう。

これらの事は難しいことでしょうか?本当にスマホが欲しいと思うのであればそのくらいのことを簡単にできてしまうはずです。

つまりお金がないと言う親からの返答に対しては、お金を稼ぐこと、使う事のありがたみを理解した上で、今あるお金の中からどうやってスマホ代を捻出すれば良いのかということを考え親に提案する必要があるでしょう。

スマホは駄目の理由:「スマホを持つにはまだ早い」

「スマホを持つのは高校生になってから十分」と言われ断られてしまう方へ。世間的な統計で見れば確かに高校生は90%以上はスマホを所持しておりますし、高校生に上がるタイミングでスマホを持ち始める方が多いと言うのは間違いありません。統計的に見ても大多数の方がそういった動きをしているのであれば、親として我が子の方向性を回ると合わせて定めてあげる事は正しいと言えるでしょう。

しかしこれは、親の視点から見た我が子と一般的な同じ世代の方を比べたときの話であり、今あなたがスマホを欲しいと言う気持ちを汲んでもらった上での話では無いというところがポイントとなります。

こういった場合、あなたがご両親に伝えなければならないこと。それは「今すぐ欲しい」という観点から見た必要性です。これはあなたから話を伝えなければ親の立場からでは絶対に理解することができません。

嘘をつく必要はありませんので、あなたがスマホをを今欲しいと思うその気持ちをまっすぐ伝えてみてください。ご両親は何でもあなたのことを育ててきてあなたのその部分を知っています。

変に嘘ついて言いくるめようとしてもすぐに見破られてしまいます。うまく言うことではなく素直に伝えると言うことを意識して言葉にしてみてください。あなたの言いたい事はご両親が一番理解し汲み取ってくれるはずです。

今すぐ欲しいのポイントを述べる際の注意点ですが、一つ一つの場面に対してあなたの心情を加えて説明するようにしてください。〇〇だから■■の気持ちになるという伝え方を意識しましょう。

悪い例「友達がみんなLINEしてるから」

良い例「友達がみんなLINEしてて、私だけ仲間外れのような気持ちになる

 

悪い例「みんなと同じゲームやSNSをやりたい」

良い例「みんなともだちゲームができないから、休憩時間に友達と話ができなくなる

このようにあなたがスマホを持っていないことでどのような悲しい気持ちを持っているのか、それをいつ感じているかということを具体的にお父さんお母さんへ説明してあげてください。これをやることでご両親の中では子供がスマホが欲しいと言っている気持ちがわがままなのか、そうでないのかと言う区別をしてくれると考えられます。

スマホは駄目の理由:「勉強しなくなり成績が落ちるのが不安」

ご両親からの意見として多いのが「成績が落ちるのではないか不安」と言う意見です。スマホを欲しいと言う気持ちはわかったし、金額的にも工面できるから買ってあげたい。

しかし買ってあげたところで、家にいる時間のすべてをスマホに使われてしまったら?勉強する時間が減り成績落ちる。家族との会話が減りコミニュケーションが取れなくなる。だったら今は少しかわいそうな思いをしてでもスマホを我慢して、勉強や家族との時間を優先させたいと考えるお父さんお母さんも多いようです。

この気持ちあなたには理解できますか?お父さんお母さんはあなたの将来のことを考え、今やるべきことを定めてくれています。あなたが苦しい思いをしていることも理解した上で、あなたに必要な事を授けてくれようとしているのです。そういった気持ちをむげにすることは絶対にできません。

その気持ちに感謝できるのであれば、スマホを我慢すると言う強さを持つことも良いでしょう。もしそれができないのであれば、ご両親の気持ちを裏切らないスマホの持ち方を「約束」としてあなた自身で定めてください。

スマホをは1日何時間まで使ってよいのか、夜は何時まで使って良いのか、勉強の時間は1日どれくらい確保するのか、家族との時間はどこで持つようにするのかなどです。背伸びをした約束をする必要はありませんので、必ずあなたが守ることができる約束を定めてください。

最低なことは「約束を破る」ということです。欲しいものだけ買ってもらって後は自分の好き勝手なんて言う都合の良い考えは持たないようにしてください。買うだけ買ってもらって持って約束が守れないから解約させられたなんてことになったら、次に買ってもらうときの方が明らかにハードルが高くなります。

もし約束を守れない、難しいと判断できる場合になったら、約束の変更をご両親に相談してみましょう。そこでご両親がなんと言うかはそれまでのあなたの振る舞いで変わってくること。約束を守り、家族の時間を持ち続けた上で成績も落とさない。なおかつスマホも楽しんでいるという状況であればご両親も多少の妥協を受け入れてくれるはずです。

友達が持っているスマホをはみんないつどんな時にどのくらい使っているのか、スマホを持つ上での各家庭での約束事はどんなことなのか周りにヒアリングを行い参考にしてみる良いですね。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの楽しみ, スマホデビュー, 格安スマホ体験談

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.