スマホの知識

スマホ充電が100%にならないのはなぜ?

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

スマホ充電が100%にならないのはなぜ?

スマホを使っていく中で毎日の中では欠かせません。スマホを使い始めて最初のうちは天気が使用できる時間が長く、とても使いやすいのですが時間が経つにつれて低減する機会も多くなってきます。

そもそもスマホの電池とは心を頭の中で寝かせる事は致し方ないもの。スマホの電池はリチウムイオン電池と言うものが使われておりリチウムイオン電池の特徴として使うことによって劣化するという部分があります。普通に使用するだけで劣化する状況に加え、使用する環境の温度、頻度などにその劣化のスピードを加速させてしまう場合があります。

こういった状況下で、リチウムイオン電池の中にためておける電気の量が少なくなっていきます。そのため電池を長く利用するための知識と工夫が必要になるわけです。

電池は使い切ってから充電したほうが良いってホント?

スマホ電池の充電の誤った知識スマホの電池の話をするとよく上がる話として電池を使い切ってから充電した方が良いと言う話が出ますがこれは誤った知識です。一昔前の知識と思ってください。近年のリチウムイオン電池であればそのようなことを気にする必要はありません。毎日充電しても構いません。毎日充電する中で2ヶ月から3ヶ月に1回電池を使い切って分に充電をする機会を設けるのが良いでしょう。

一般的にスマホの電池が400回から500回充電ができるように作られています。この回数に足したから使えなくなると言うわけではありませんが、経年劣化により電池の持ちが悪くなる事は覚えていきましょう。電池の持ちが悪くなった場合、電池の交換が可能です。

電池の交換の場合、専門業者に頼むのですが、今では自分で簡単に電池交換ができるキットが販売されているのでそちらを使って自分自身で交換にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

スマホの充電には充電ケーブル選択が大事

充電を行う中で充電ケーブルの重要性は極めて高いです。もちろん1番理想の充電ケーブルはメーカーから発売されている純正の充電ケーブルを使うこと。これが1番電池を長持ちさせる方法です。しかし、純正のものはやはり高額になりがち。妥協して安い充電器を使用している方も多いと思います。

安い充電器を使用されても構わないのですが充電器を見る基準と言うものを正しく理解しておいてください。1つの基準はPSEマークの入った充電器を選ぶこと。PSEマークと言えばモバイルバッテリーにつけなければいけないことになったもの。電気用品安全法の基準に適合しているか基と言えばモバイルバッテリーつけなければいけないことになったもの。電気用品安全法の基準に適合しているか見て判断できるものです。

充電ケーブルを選ぶ際はこのマークを基準に見て選ぶようにしてください。充電ケーブルは消耗品と言う概念もありますが、なるべく良いものを長く使えるようにコネクタ部分の断線防止グッズを使用するなどして使う期間を長くできるように努力しましょう。

スマホの充電が100%にならないのは電池の劣化と充電ケーブルの不適合が考えられます。だがしかし、それだけでない場合もあります。スマホ自体の誤作動も疑ってみてください。充電ケーブルも電池の劣化もそこまで怪しくないと判断できるときには、スマホの再起動をかけてみてください。それだけで解決する場合も出てくると思います。ただ解決したとしても根本的なスマホの電池の付け方分からないのでスマホにとって優しい電池の使用方法をとるようにしましょう。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの知識

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.