スマホデビュー

何歳からスマホを持つべきか?スマホを持つ平均年齢

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

何歳からスマホを持つべきか?スマホを持つ平均年齢

携帯電話を持つ年齢が年齢で待っている。何歳からスマホを持つべきか?スマホを持つ平均年齢は何歳なのか?そうお悩みの方も多いと思います。近年は特に子供にとって最適な携帯電話を持つ年齢が掴みづらくなっています。もちろん子供としては早くに欲しがるはずです。しかし、親としては必要のないものの購入は抑えて無駄な出費を減らしたい、インターネット社会での危険なつながりを下げたいなどの気持ちから何歳で携帯電話を子供に与えのかっていうのは悩ましい状況です。

他の家庭は何歳から端を与えているのだろうという疑問を持ったことがある方多いのではないでしょうか?そのような疑問にお答えして、今あなたのお子さんが携帯電話を持つべきか田舎を判断する参考にしで見ていただきたいと思います。

 

統計:小学生で半分スマホを持っている

内閣府の調査によると小学生の約50%が既にスマホを所持していると言う統計データがあります。年々スマホを持つ年齢が下がっており、小学生でもスマホをを持っていることが当たり前と言う現代社会が作られてきて人は事実。

何年生持ち始めているのかと言う詳細を見ていくと、やはり多いのは小学校高学年。特に高学年に上がったタイミングの小学4年生、また中学校に入学する直前の小学6年生にスマホを持ち始める子供が多くなっています。

中学校に入り、新しい友達との付き合いを円滑に行えるため、時間が遅くなるため防犯面を考えて購入すると言うのが小学6年生でスマホをを購入する大きな要素と言えるでしょう。

中学生高校生はほとんどスマホを持っている

小学生で所持率50%ですから中学生高校生はほとんどがスマホを持っていると考えたほうが無難でしょう。中学校においても購入して何が1番大きなのは中学校3年生。高校に入る前に買ってもらい、高校に入ったときにはほとんどの人が所有しているという傾向があるです。

つまり子供に携帯電話を買い与えるポイントの年齢は小学校4年生、小学校6年生、中学校3年生の3点です。環境変化に対応するために親が必要性を感じた時に購入している傾向ですね。

子供が携帯電話を持つことによりいつでも連絡が取れるようになったと言う安心感が親にとっても大きいようです。そう考えると、中学に上がるまでには持っていっても良いのではないかというのが私個人の感想。中学生になると、土日やっても部活があったり、友達と遊びに行く時間が増えたりと生活証券の変化が訪れるため、親としてもそんな時にいつでも子供と連絡を取れると言う安心感があるのは大きな安心感ですよね。

ただデメリットもあります。スマホに夢中になりすぎて家族の会話が減ってしまうことです。平均的に小中学生のスマホの使用時間は2時間から3時間ほど1日に使うと言われています。もちろん学校でこのような長時間使うことができないため、ほとんどが家庭で行われると考えると、今まで家族でできていた会話が薄れていくことも承知しておく必要があります。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホデビュー

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.