SoftBankからY!mobileへ:格安スマホ乗り換え体験談

【softbankからY!mobileへ】格安スマホ乗り換え体験談

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう


安くなればいいな位の気持ちで乗り換えてみました

千葉県在住30代、女性になります。以前はsoftbankを使用しておりました。使用金額は月に7000円ほどでした。softbankに対して特に不満があったわけではないのですが、少しでも通信費を節約することができればという思いで格安スマホを検討しました。

私が選んだのはY!mobileです。月額1500円ほどになりとても安くなりました。端末はiPhoneSEに決めました。格安SIMの購入とは別に、心斎橋のアップルストアで新品を定価で購入。6万数千円だったと思います。乗り換え時に古いスマホの下取りをしてもらったのですが、その初期化に少し時間がかかって面倒でした。購入した新品の設定、格安SIMの設定は特に問題もなく、ラクチンでした。

格安SIMは解約時返却が必要なんですね

実際に使ってみて、大手キャリアと格安SIMで体感通信速度に変わりはほぼありません。若干不満がこの先出たとしても、とにかく月額利用料が安くなったことの満足感の方が確実に上回ります。また、リアル店舗への来店が不要で、インターネットでSIMの購入や解約を完結できるのも大きなメリットでした。特に解約の時も来店しなくて良いのは心理的に気楽です。

解約後には使用していたSIMを郵送で返品しなければならない点はデメリットと言えばそうです。受け取り連絡などはなく、無事に先方に到着したかどうかわからないので、不安があります。大手キャリアならSIMは解約後も返却の手続きは必要ないので、その点は大手の方が楽です。返却するの手続きは良いんですが、届いた届いてないか確認出来ないことが私には抵抗がありました。

後悔:知っていればあと3000円節約できた

格安SIMは公式サイトから購入しましたが、アマゾンで購入すれば事務手数料3千円の支払いが不要だったことを購入後に知りました。事前に知っておきたかったです。

大手キャリアの月額利用料は高いです。メリットと言えば安心感と、いざと言うときにはリアル店舗に相談にいけることくらいかと思いますが、個人的には格安SIMへの移行しない理由がみつかません。大手キャリアを使っていた時に比べて、通信料を月額数千円、年間で数万円節約できます。NTT受信料、インターネット回線利用料料など、家計に占める通信費の割合も合計では馬鹿になりませんし、特にインターネット回線利用料・Wi-Fi利用料・携帯電話利用料は三点セットで考え、合計で安くなるよう工夫が出来る項目だと思います。一歩踏み出すのは勇気がいることかもしれませんが、変えてしまうと非常にメリットが大きいので、頑張ってください。

スポンサーリンク

 

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-SoftBankからY!mobileへ:格安スマホ乗り換え体験談

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.