スマホの知識 ニュース雑記事

【スマホ離婚】嫁がスマホばかり触っていることにイライラ

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

生活を便利にするツール生活に欠かすことができない存在となりつつあるスマートフォン。その便利さゆえにスマホへの依存が高くなりすぎてしまうことによる危険性もある。

 

スマホが原因で離婚だなんてことになってしまったらせっかく今まで作り上げてきた夫婦生活がすべて無駄になってしまいまいます。そんな最悪なケースを避けるために夫婦お互いがスマホの使い方を再度認識し合う必要があります。一人だけでは駄目です。夫婦二人で行わなければいけません。

生活を便利にするツールのでありながらあなたの首を絞めることにもなり得ると言うことを自覚しなければならない。夫婦生活において家族とスマホとの距離感について注意すべき点を確認しよう。

そのスマホが原因で離婚の危機

「スマホ離婚」と言う言葉が出てくるほどスマホによるトラブルの離婚が増えてきている。端堀くんとは、スマホに依存するあまり、スマホ離婚とは、スマホに依存がするあまり、相手の話を相手の話を聞かずコミニュケーションが成り立たずお互いの意思疎通ができないことにより離婚に陥るというケースである。

他にも夫婦生活上の関係とは別に、スマホの中にもう一つの人格を認めており、その人格を配偶者に見られた場合に受け入れることができず、離婚に応じると言う場合もある。誰にでも起きるいたって普通のことが原因であるため、他人事と考えることがあまりに危険だ。

こんな人はスマホ離婚に注意してください

やはりまずなんといっても1番注意しなきゃいけないのはスマホの利用時間が多い方。その分配偶者とのコミニュケーション意思疎通が測れなくなるリスクがある。スマホの平均利用時間は一人当たり1日約3時間。1日通しての中での3時間であるから、2時間3時間を平気で続けてスマホをいじっているような使い方をしている方は危険。

配偶者の前でもスマホを利用している時間が多くなると相手からすると「この人は私よりスマホが大事」と認識されても仕方ない。自分と配偶者とスマホのあり方に関してお互いの価値観を重ねて検討する必要があるということだ。

スマホ離婚を避けるために気をつけること

1.自分自身のスマホ利用時間を把握する

簡単そうに見えて意外に難しいのが自分のスマホの利用を客観的に見ると言うこと。自分の主観が入ってしまい自分の都合の良いように楽しいように解釈することが前提となってしまうためそのことを客観的に見えてことがあまりに難しい。

しかし夫婦間の生活においてのみにならずあらゆる社会の中で自分のスマホの使い方と言うものは未来でいるもの。通勤通学時、休憩時、もしくは就業中に関してもあなたがスマホを使っていることによって相手に与えている印象は必ず決まってくる。

まず自分自身がスマホを何にどのぐらい時間を割いて使っているのか、その事はほんとにそれだけ時間をかけるべき事項であるのか、人生の中の大切な時間を無駄に使っていないかと言う自問自答をかけてみよう。

2.自身のスマホを使用したい時間をライフサイクルに落とし込む

自分のスマホの使い方を見直したときに、その中で無駄なものと本当に今自分がやりたい事が2極化されると思う。そうなったら次の段階。今本当に自分がやりたいスマホの内容をいつやるのかというのを検討してみてください。時間が空いたらと言う考え方はダメです。その時間の空いていると言う感覚はあなた1人だけのものであって、周りからするとそこでの共通意識がないと不満につながります。

あなたが今やりたいスマホのゲームがありSNSでありYouTubeでありどのような時間にどの程度時間を割いて行うのかを明確にする。それが明確にし実行できる体制が自分で確認取れたらぜひ配偶者に共有してあげてください。最初は半信半疑かもしれませんが、自分で言ったことが守られていることがわかれば必ずあなたの信用とつながりスマホをと配偶者を切り離して考えていると言うことが理解していただけると思います。

3.配偶者との時間の持ち方を明確に

スマホの使い方が明確になった次は配偶者との事がの持ち方を明確にしましょう。朝ごはんを食べているときはスマホをいじらない、休みの日はスマホをいじらない時間帯を決めるなどで十分です。無理にそこに理想的な時間を求めなくても良いので、短い時間だっても確実に毎日行えるサイクルを組み込み相手に伝えることが重要です。このことが相手とのコミニケーション意思疎通につながりお互いのスマホ利用の現実的な落としどころを作り上げてくれます。

今回の考え方はスマホをメインサイクルを組み換え隙間時間に夫婦間の会話を生むと言う方法。本来優先順位が違うのではと言う意見もあると思いますが、今のスマホの普及具合を見ているとこちらの方が対応的に受け入れやすいと感じる。もし違和感がある場合は配偶者との時間を持つ方を先に考えその後のスマホ時間の確保っていう形でもよいでしょう。結局は自分とスマホと配偶者のバランスの取り方をお互いが理解しあえているかと言うところが重要なポイントとなるわけです。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの知識, ニュース雑記事

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.