スマホの知識 スマホデビュー 格安スマホ体験談

【親がブラック】中高生子供の携帯契約は大丈夫?

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

親がブラックリストに載っていてスマホが持てないことで困っている中高生に向けて

スポンサーリンク

親がブラックリストに載っていると子供は今スマホ持ちにくい環境に追いやられてしまいます。親時に話して子供自身のみで契約を進められれば良いのですが、残念ながら携帯電話を契約する際、未成年では1人で行うことができないため、親権者の同意書が必要です。

権者ブラックリストに載っていると同意書の効力がなくなってしまいます。親権者と言うのは契約に何か問題があった際にその責任を負いますと言う保証を表す書類のため、保証している方がブラックリストと言う矛盾が生まれてしまうと何も意味をなさないためです。

このような理由から子供は何も悪くないのにスマホ持てない。それが故に学校で友達と話についていけない、自分だけ仲間外れにされるなどといった疎外感があり苦しんでいる中高生もいると思います。自分は何も悪くないのに親の声で自分に負担がかかっていると言うやり切れない気持ちの学生の気持ちを考えるとやるせない気持ちになります。

そんな中高生、無駄な悩みを抱える必要はありません。ブラックリストに載っているからできないこと、逆にブラックリストに載っていてもできること。その選別をしっかりと行い今自分が置かれている環境とやりたいことが本当にできないことなのか、それを見定める指標にしていただければと思います。

そもそもブラックリストって何?

ブラックリストと言うのは金銭的な社会の信頼がない状態に陥った時に金融機関や会食んで顧客情報を共有し、「この顧客は契約に来ても支払い能力がないため契約を結ばないほうが良い」と言う企業を守るための契約者の選別を行うために設けられているシステムです。

よく勘違いされるのですがブラックリストと言うものは1つのもので作られているわけではなく、大きく分けて2つに分類されます。1つの【金融機関】におけるブラックリスト(信用金庫、銀行、レジットカード外車等はこちらに分類されます。)今回スマホを持ちたくて困っている中高生の皆さんが考えなければいけないブラックリストはこちらにはありません。もう一つの方、【携帯電話を取り扱う会社】間で組まれているブラックリストに対して正しい知識を身に付ける必要があります。

金融機関におけるブラックリストに親が乗ってしまうと、お金を借りることができない、クレジットカードを作ることができないなどの不自由が出てしまい、返済するまで信用は戻らない、もしくは自己破産をするといった処置も必要になってきます。

自己破産をすると財産を取り上げられることがありますが借金はゼロになるため、社会生活のリセットとなるためメリットが非常に大きいです。法律事務所に相談してもそこまでハードルの高いものとして捉えておらず、支払いが難しいのであれば自己破産すればいい位の返答が返ってくることも多々あります。こちらの場合に関しては生活をもう一度やり直すといった意味合いでもあり、どちらかと言うと重度なブラックリストとして捉えておくと良いと思います。

そして今あなたが悩んでいる携帯電話会社のブラックリストに関しては上記のものに比べそこまで重度なものではありません。携帯電話の料金を支払っていない、契約がスムーズに進んでいないなどの情報がやり取りされている程度に収まります。もしあなたの親が携帯電話の料金を支払っていない、支払いに滞りが生じている、契約でトラブルがあったなど思い当たる節があるのであればこちらの予約リストに載っていると考えておいた方が良いでしょう。携帯電話外車のブラックリストに載ると先ほど挙げたように、子供が携帯電話を持とうとしても契約に支障が生じてきます。

~~前半のまとめ~~

未成年は親の同意書がなくてはスマホ契約することができない

親がブラックリストに載っている場合、「金融機関」「携帯電話会社」どちらのブラックリストに載っているか調べる必要がある

「携帯電話会社」は料金さえ支払えば消えるため、重度なブラックリストではない

親がブラックリストに載っていても子供は携帯電話を持つことができるのか?

金融機関のブラックリストにあなたの親が持ってしまっている場合、契約が難しくなる可能性があります。ただチャレンジしてみるのは良いでしょう。例えば父親がブラックリストに載っているんであれば母親の名前を使い同意書を記入してもらう、支払い方法は払込票を使用するなどなるべくブラックリストの情報が出回っているであろう機関の利用を避けるなど。

対象者から遠いところでの契約を進めることにチャレンジしてみる価値はあると思います。ただこれをやったからといって必ずスマホを持っていると言う確証は無いためダメ元位の気持ちで臨んでもらうのが良いでしょう。その方法がダメだった場合…

格安スマホならブラックリストに載っていてもスマホ持てる可能性がある

親がブラックリストに載っている為スマホの購入ができなかったあなたに一度チャレンジしてほしいこと。それは格安スマホで申し込んでみるということです。なぜ格安スマホで申し込むと言うことをするのか?

携帯電話会社で作成されているブラックリストの情報というのはすべての携帯電話会社共有されているリストではありません。ドコモauソフトバンク大手3社を筆頭として、TCA(一般社団法人電気通信事業者協会)に加盟している会社間で情報が共有されています。

つまりここの期間に加盟していない携帯電話会社であれば、親がブラックリストに載っていたとしても、中高生の子供はスマホ持っている可能性があると言う事になります。

では一体どこが加盟していてどこが加盟していないか?TCA(一般社団法人電気通信事業者協会)のホームページに加盟している会社名の一覧があったためそこを抜粋していきたいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓親がブラックだとここでは審査通りません↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大手3社キャリアドコモauソフトバンクに加え楽天モバイルもここに加入しているようなのでそこは注意が必要です。UQモバイルやワイモバイルは大手キャリアの直営経営となるためこちらでは情報が共有されていると考えておくと良いでしょう。つまりここを避けて格安スマホで契約を進めれば親がブラックリストに行っていても子供はスマホ持っている可能性があると言うことになります。

実際に契約を進めてみて断られたら嫌だとか恥ずかしい思いをしたくないと言う気持ちがあるのは理解できますが、それはこの先もずっと背負っていかなければいけないこと。携帯電話のブラックリストであれば料金を支払いさえすれば、消えるブラックリストなりますしそういうことになっても5年から10年ほど経てばブラックリストからの情報は消え去ります。

ただ今これを見ている中高生のあなたは5年から10年と言う長い時間を無駄に過ごして欲しくありません。たとえ今自分が置かれている環境が周りと比べて悪いものであったとしても今の自分ができる最良の選択と言うものを考え動き出す勇気をもって行動していきましょう。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの知識, スマホデビュー, 格安スマホ体験談

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.