スマホの楽しみ

【親に機種変してもらう方法】iPhoneを買ってもらう為に親を説得する

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

親に機種変してもらう方法

親に機種変してもらうと考えている学生のあなたへ。高校生になればスマホを持っているのは当たり前。スマホを持っていない時は何でもいいからスマホを持ちたいと言う気持ちでしたが、実際に持ち始めると違ってくるもの。何でもいいと言う気持ちから自分の欲しいスマホを持ちたいと言う気持ちが出てきます。

次々に新しいスマホが発売されて、高校の友達が新しい機種を使っているものを見ると自分も欲しくなるもの。いつまでも古いスマホをを使い続けていると自分だけ取り残されたような気持ちになる。新しいスマホ買いたいけれども、親に機種変してもらうことができない。iPhone、Xperia、Androidなど最新のスマホに乗り換えたい高校生に向けてまとめた内容です。

自分で買うには高すぎるのがiPhone

iPhoneが欲しい…今すぐお小遣いを使ってでも買いたい…という学生の方も多いと思います。ですが、現実問題として「高すぎるっ!」大人でも躊躇する価格ですから中高生ならなおさら。中高生のお小遣いは1ヶ月あたり1万円以下という方がほとんどです。

数ヶ月分のお小遣いを貯めて、なんとかこの価格を捻出したいという気持ちも分かりますが、現実的に手を出しにくいですよね。その分普段使える自分のお金が減るわけですから、友達との交友関係にも気を使います。

ちょっとでも安く収めたいからいろいろなサイトを見たり、店を見て回ったり、友達の話を聞いたり。でも結局お金がかかることの事実に玉砕…なんで友達はこんなに高いもの買えるのか不思議でしょうがないという気持ちになりますよね。

新品は諦めて中古のiPhoneは?

新品は高すぎて買うことが出来ないのはよくわかりました、せめて中古で買えるものが無いかと模索に走る方もいると思います。参考までに、メルカリにてiPhone10,000円以下と5,000円以下で検索するとこのような検索結果。

確かに中古のほうが新品に比べれば手を出しやすい価格帯。10,000円でiPhone6シリーズなら良いかもしれないと思いますが、問題がひとつ。果たして中古のiPhoneが正常に使えるのか?

中古となるとやはりリスクがあります。買ってみて使えなかったでは全く意味がありません。中古販売店ならある程度保証をつけてくれているところもありますが、メルカリは個人売買。つまる売り側も自己都合で書いている方もいるというわけです。

特に気をつけたいのはジャンクという出品。コチラの方はしっかり表記してくれていますので問題ありませんが、ジャンクというのは正常に使えるかわかりませんという分類です。つまり正常に使えるものに比べめちゃくちゃ安く売り出されています。部品取りなどに使うために出品されているわけなので、安いからと一目散に飛びついて購入し、失敗したとうことだけは避けなければいけません。

商品の写真を見て、価格を見て、妥当性のある価格であるのか?本当は記載していないだけで破損等あるのではないかという疑いを持って見なければなりません。つまり商品知識と価格帯が正しく理解できていないと購入することは危険です。

しかし、壊れている部分を正確に理解し、自分で修理を行うなどすれば普通に買うより安く収めることは十分狙えます。電池の消耗が早いくらいのことであれば交換キッドを購入して自分でも行えてしまいますので結果安く収まったなんてこともありますね。良い点も悪い点もあるのでどちらも理解しておきましょう。

iPhone6の電池不良であれば3,000円ほどあればセルフ交換が可能です。つまりジャンク品であってもこの費用を含めても中古価格より安いのであれば買う余地はありということですね。

中古品を購入するに当たり、個人売買においての利点としては、出品者が適正価格を理解しておらず、安すぎる出品価格にしてしまった場合にとても安く購入することが出来てしまうこと。ですが、ここを期待して商品を探すのはリスクが高いのであまり狙い目であるとは言い難いです。中古品もありとお考えの方はこの点理解の上購入を進めましょう。

「やっぱり新品が良いな…でも自分でが買えない」という答えに行き着いた方は「親への交渉」を進めることになります。

親に機種変してもらう為にまずやることとは?

スマホを持っている高校生が新しいスマホに買い換える際、親にお願いするという形が多くなります。料金のお支払いも親にお願いしている高校生が多いからです。スマホを買ってもらう時、親にお願いすることに苦労した方も多いのではないでしょうか?親からすると、子供のスマホ代というのは必要最低限に出費を抑えたい項目。そこに大きなお金が使われるのは無駄だと考えています。

自分「新しいスマホが欲しいんだけど…」こういったときの親の返答、高校生の皆さんなら予想がつくのではないでしょうか?「今持っているので充分でしょ」「自分でお金を貯めて買いなさい」「お金がないから無理よ」・・・

親の気持ちからすると「買ってあげたのだから贅沢言わないで今あるものを使いなさい」と言う気持ちでしょう。高校生のみなさんが新しいスマホが欲しい気持ちはよくわかりますが、親の言ってることも正しいです。

高校生と言う立場は、未成年であり、親に生活を守ってもらっている立場なので、贅沢を言うことはできません。でもやっぱり、周りが持っていれば周りと同じものが欲しくなるもの。学校などの集団生活においては特にそういった状況になりますよね。自分だけ周りについていけない劣等感はとても心地悪いですよね。

そこで親にスマホの機種変をしてもらうための秘策をお伝えしたいと思います。学校などの集団生活においては特にそういった状況になりますよね。自分だけ周りについていけない劣等感はとても心地悪いですよね。そこで親にスマホの機種変をしてもらうための秘策をお伝えしたいと思います。

結論から言います。今欲しいスマホを今すぐ親に買ってくれと頼むのはやめましょう。それはとても成功率の低い方法であるからです。ではどうすれば良いのか?段階を踏んで、スマホを買う計画を立ててください。

↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓

親にスマホ買ってもらう方法とは?

《次のページへ》

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの楽しみ

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.