スマホの楽しみ

【親に機種変してもらう方法】iPhoneを買ってもらう為に親を説得する~その2

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

コチラの記事の続きです。

まず最初に親に頼む事は、スマホを買ってもらうことではありません。

ず最初にお父さんお母さんに頼んで欲しいのは、格安スマホに乗り換えることです。なぜ格安スマホなのか?

理由は格安スマホである方が、iPhoneに機種変する交渉が進みやすいからです。

格安スマホとはドコモauソフトバンクからインターネット回線を借り受けているため、携帯の月額料金が非常に安くすることができます。最安値で言うと、月額500円からスマホを持つことができます。

ただ、500円のプランと言うのは、インターネットを使用量も少なく設定されており現実的ではありません。現実的な基本料金で行くと、2000円から3000円程度になるのが一般的です。

ドコモauソフトバンクなどのキャリアを使っている方から見ると2000円から3000円と言う料金はいかがですか?おそらく半額ほどに収まっているのではないでしょうか?親に交渉するべきポイントはここでの値下げの幅ということです。

今、毎月額5000円以上スマホ料金を支払っているあなた。確実にiPhone買えます。

確実と言い切るのには理由があります。それはiPhoneを持っても月額5000円以下に抑えられてしまうからです。それもカツカツの料金プランではなくなるGB数に余裕を持った料金プランでです。

例えば大手キャリア(ドコモ・au・SoftBank)からLINEモバイルに切り替えたとしましょう。LINEモバイルにはiPhone6sの取扱があります。32GBであれば24回払い月額1,490円で購入することが可能です。


LINEモバイルの料金プランは最安値500円から用意されています。こちらは毎月1GBという極小の通信量しか使えないプランになりますが、LINEモバイルの特徴は【LINEが使い放題】です。LINEを使用している分の通信量は通信量としてカウントされないということです。

「LINEがいくら使えても1GBじゃ何も出来ない…」という方。LINEモバイルには、LINE使い放題の他に、【LINE・twitter・Facebook・Instagram使い放題】というプランが用意されています。それがこちら

LINE・twitter・Facebook・Instagramは使い放題であるため、こちらのSNSに関しては通信量がカウントされません。つまりコミュニケーションフリープランに書かれている容量というのは LINE・twitter・Facebook・Instagramを除いた通信容量ということになります。

通信量を気にしないでSNSを使いまくれるのは嬉しい限りですよね。残りのGBは何に使いますか?ゲームするくらいなら3GBで足りてしまいますよ。You Tubeを見る方は最低7GB位は備えておいたほうが良いですね。7GBでも不安な方は10GB選んでいただいても結構です。

ココがポイント☆iPhoneの交渉はこのように進めてください

LINEモバイルのiPhone6s

Ⅰ.月額1490円

+

LINE・Twitter・Facebook・Instagram

使い放題&電話 10GB

Ⅱ.月額3220円

-----------------------------------

合計:4,710円

1ヶ月8000円スマホ代を支払っている方であれば、1ヶ月あたり約3000円安くなることに加えiPhoneを手にすることができる訳です。毎月5000円払っている方も同じ料金支払いでiPhoneを手に入れることが出来ます。

それに加えSNSは使い放題のプラン+大容量に変更がきくため、学生特有のGB数が足りないという悩みも解消できます。

iPhoneを買うのに今までと同じ料金、もしくは安くなると聞いて、あなたのお父さんお母さんはなんと言うでしょうか?断る理由が見つからないのでは?

中には「安くなるなら格安スマホにしなさい。でもだからといって新しいスマホに機種変更するかどうかは別問題」と親御さんもいらっしゃるかもしれません。それでも全く問題はありませんので心配なさらないでください。

そのような場合は、今使っているスマホのままで良いので、格安スマホに乗り換えてしまってください。auドコモソフトバンクの契約期間と言うのは2年契約で進められていることが多いため、乗り換えたいと思っても最短で乗り越えるためには9500円の契約解除金が必要になる場合があります。また、未成年だけの場合契約手続きが難航するため親が同伴で動いてくれるときにまとめて動いてしまうほうが効率が良いでしょう。

もちろん契約更新月まで待っても良いのですが、2年も待てないと言う場合は、9500円の解除金を払ってでもすぐに契約を解除してしまうのもあり。2ヶ月から3ヶ月格安スマホを使用すれば元は取れてしまうため、必ずしも契約更新月に乗り換える必要はありません。

先に格安スマホに乗り換えてしまえば、その後に新しいスマホを買った際に、使いだすことが容易になります。インターネットでも、ハードオフなど中古商品でも良いので、自分が欲しいと思ったスマホをネット注文、中古購入すれば、中に入っている小さいSIMカードと呼ばれるカードを差し替えるだけで違うスマホを使用することができます。(※携帯外会社との相性により、SIMロック解除と言う作業が必要になる場合があるため、買う前に必ず確認してください。)

いつでも新しいスマホを使い出せる準備の体制をとっておくこと。その上で新しい端末は親に買ってもらうのか、自分でお金を貯めて買うのか、後で考えても遅くはありません。

お金を稼ぐのは大変なこと。

スマホは安い買い物ではありません。最新のiPhoneだと10万円を超えてくるものもありますから。ただ中高生と言うのは10万円と言うお金が稼げない立場ではありません。高校生はアルバイトができます。中学生もお小遣い貰っていますよね?本当に最新のiPhoneが欲しければ自分が持つことができるすべてのお金をすべてつぎ込んででも買おうとするべきです。

大人でも10万円のiPhoneを買おうとしたときに、1日2日がんばって買えるといったような安い金額ではありません。大人でも半月ほどは働かないと稼げない額です。わがままを言って家計、家族を苦しめてでも最新のiPhoneが欲しいですか?

まだ自分に稼ぐ力が無いのであれば我慢する部分も自分で決めて作ってください。この記事で紹介している我慢の部分が【古いiPhone】と【格安スマホ】ということです。(格安スマホに関しては使用感は然程変わらないので、我慢すると言うほどでも無いと思います)

高校によってはアルバイトを否定する学校もありますが私は違うと思います。高校生とはもう社会人会の準備が始まっています。高校のうちに働くことの大切さやお金を稼ぐことの難しさを理解しておく事は将来の自分にきっといい意味で帰ってきます。

もう親のスネをかじり続けることから卒業の準備を進めていかなければなりません。ダメだったら自分でなんとかしようと言う考えを持って取り組めば新しく買ったものだとしても今まで以上に大切にできるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの楽しみ

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.