スマホの楽しみ

【中学校でスマホバレして怒られた…】学校でスマホがバレない場所とは?

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中学校で学校スマホバレないようにするには?

中学校にスマホを持っていっているあなた。スマホをを持っていったときに学校でどう使おうか、どこに隠しておこうか、バレないようにするにはどうすればいいのかなど様々な悩みが出てくるよね。

そもそも学校の場合、特に義務教育の場合においてはまだまだスマホをを持ってくることを推奨している学校は少ないと思います。そのような状況で、スマホを持っていって授業中に使っているなんてことが発覚したら怒られるのは当然。

だからといって持っていっても全く使わないのでは意味がないし…学校にスマホを持っていって絶対にバレないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

スマホを使わないだけではダメ。使わない+最低限のバレない為の準備が必要。

「使わなければバレないだろ」と思っている方も多いと思いますがそれは間違い。※使わなくてもスマホを所持がばれるリスクがあります。スマホバレする要因とは

1.マナーモードにしてあってもバイブの振動音でばれる。

2.アラームの消し忘れでばれる。

3 .緊急地震速報でばれる。

この辺の対策は万全にできていますか?バイブ音位ならバレないだろうという考えは甘いです。授業中教師と言うものは自分が話している事がどれほど生徒に伝わっているか反応を見ながら授業を進めます。そんな中で、スマホのバイブ音が聞こえたら、何も言わなくても目線や仕草で犯人を当て出す事は容易です。

こういった場合はバレてないと思っているのは当人だけの場合が多いです。また、一気にボロが出るのは、緊急地震速報。マナーモードでも関係なく発砲して大きな警報音が鳴ります。大きな音が響き渡るため、一発でスマホを持ってきていることがバレます。

おそらく緊急地震速報に置いて、スマホ所持が発覚しても先生からは何も言われないと思います。それは地震と言う緊急性の高い優先事項があるためです。ただ、その場で何も言われなくても、「この生徒はスマホを持ってきている生徒だ」と言う認識は確実に知れ渡ります。

スマホの掃除を許可されていない学校であれば、規則違反として内申点に響くのは必須ですね。こういったリスクがある事は把握しておきましょう。

では、どういった対策をすれば良いのか?上記の3つに関しては、

1.マナーモードのバイブ音で割れる。

→すべての通知をサイレントマナー(バイブ音がならないマナーモード)に設定する。LINE、メール、電話、アプリ通知等もれなく全てを設定すること。

2.アラームの消し忘れでばれる。

→日常的に使うことにおいて、忘れや向けというものはどうしても出てきてしまうもの。可能であればアラームは別のものを用意する。

3.緊急地震速報でばれる。

右→緊急地震速報を未通知に設定しておく。

最低限このくらいはしておかないと中学校でスマホを持っていくのは危険だと考えてくださいね。

バレないように授業中にスマホをを使う事は可能?

せっかくスマホを買って学校に持って行っているのであれば、退屈な時間はスマホをを使って過ごしたいと思うもの。そうするといかに、先生の目を盗んでスマホを使える時間があるかということを考えてしまいがち。

授業中にスマホを使うと言う行為はどんな状況であってもばれると考えた方がいいです。バレても仕方ないと言う覚悟を持って使う位でなければいけません。バレないように使おうなんて言う生半可な考えは捨てましょう。

使うならバレても仕方ないと割り切った気持ちでいるしかないですね。それが自己責任というものです。それが嫌であれば使う時間を使わない時間のメリハリはすっかりと学校生活の中でつけなければいけません。

1番気をつけなければいけない点は、バレるバレないではない?

先生にバレないようにスマホを使おうと言うことに目が行きがちですが、そこは先にも述べたようにたいした重要性はありません。使ったらばれると言うものが筋です。本当に考えておかなければいけないのはそれ以外の部分にあります。

スマホを何のために学校に持ってきているか?いざ先生から問い詰められたときのために、2パターン意見を用意しておきましょう。自身の考えと、学校向けの生討論の2バターを用意しておく必要があります。

自身の考えとしては、暇つぶしいやみんな持っているからと言う理由が多いと思います。ただその理由は学校には通用しない事はわかりますよね?

ですから、学校にバレた際になんと説明するのか自分の身を守る弁護を考えておかなければいけません。そういった場合に有効な答え方としては、「何かあったときにすぐに親と連絡を取るために、親から持つように指示されています。GPS機能で自分に何かあった時も追及ができるから安心だと言われました」などが妥当でしょう。もちろん授業中に使っているのがばれたとしてこちらの理由では通用しません。使ってはいけない時に使ったことに関しては謝罪を述べた上で持ってきている理由は別に説明することが必要です。

生徒がそういったときの生討論は教師もわかっています。わかった上で叱らなければいけないため、強くは叱れないはず。「通勤通学時に私の見身に何かあったら学校は守ってくれないですよね?だから自分で守るように努めています。」などと言われたら教師も何も言い返せません。

おそらく学校にスマホ持っていくと言う事は今後普及してきます。今はスマホの普及と学校の受け入れ体制が整い切らない間に挟まれて、こういった干渉が生まれていると私は理解しています。ですので、ちょっと意地汚いにはなりますが、学校で授業中に使おうとするのであれば、そのリスクを背負って使うこと。ばれた場合は謝罪する面と正当論を述べる面を使い分けること、これが今の時代のスマホを学校に持ち込むベターな方法だと考えます。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの楽しみ

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.