スマホの知識

子供に習い事を始めさせる親は不安だらけ

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

「家の子はいつから習い事始めさせよう?」そんなことを考えたことがある方、多いと思います。そんな気持ちを抱くお母さんお父さんへ向けて書かれた「習い事を始めやがて親が抱く不安な気持ち」についてまとめました

お金がかかる

親としてまず最初に頭をよぎるのが金銭的な問題。「子供には好きなことをやらせてあげて、可能性を伸ばしてあげたい」と思いつつも、現実的な金銭面の問題が不安で仕方ない。

一般的に1人の子供に使う習い事の費用は月額15,000円と言われています。年収が高い家系から低いかけまである中での平均になりますが、自分の家は習い事の費用を捻出できるであろうか?ちなみに習い事といっても様々で、その内容により月額費用と言うものはばらつきがあります。

例)野球サッカー6,000円

  英会話10,000円

  ピアノ10,000円

1つの習い事であればちょっと工面することを頑張れば作ることができる金額だと思います。しかしこれが2つ3つと重なってくると…親の気持ちも家計も圧迫する要因となってしまうため、習い事の優先順位と必要か不必要かの判別をつけていくことが求められます。そうなってくるとどこでその判別をつければ良いのでしょうか?本当に子供の可能性を伸ばすことができるのか、できないのかそこで頭を悩ませるのが次の要因。

「習い事やりたい」と言う子供の気持ちの本意がつかめない

子供から新しいことを挑戦したいと言われて習い事を始める形が1番可能性を伸ばしてくれると思いますし、親としても自分でやりたいと言ったことを楽しく継続してくれているのはとても嬉しいことですよね。

やりたいと言ったことに対して何でも本気で取り組んでくれれば楽で良いのですがなかなかそう上手くはいきません。初めて見たけどすぐに嫌になった、友達がやってるからやりたいだけだったなど本質的なところを取り間違えて習い事を始めてしまうと、何も成果が生まれない結果となってしまいます。

「なんで習い事したいの?」子供から言われたときによくある親の返答ですが親として気をつけなければいけないのは、その質問に対して子供が何を言うかではなくどんな顔するかということ。

子供は語彙力も弱いですし、相手を納得させるプレゼン力も持ち合わせていません。発している言葉だけで気持ちを読み取ろうとすると、大人基準での理解が進んでしまいます。あなただからできる子供への読顔術を最大限に発揮して本気で子供の気持ちを読み取ろうとすることが必要です。

習い事を始めるとなったら、生活サイクルが変わるよなあ

どの家庭も自分の家庭がうまく回る生活のサイクルと言うものを自然に気づいているもの。その中で習い事が始まり、サイクルが変わると家族全体の生活リズムが乱れる可能性があります。特に、送り迎えがあるようなものであれば、親1人の生活リズムではなく、兄弟も一緒にお迎えに行ったり、1人でお留守番をする時間ができりと今までと違った部分が出てくることが予想されます。

それに関してはちょっと面倒と思いがちですがいい意味で捉えていただきたい。そんなことでもないと生活リズムなんてなかなか変えられませんし。おそらく今現在行っている生活リズムがあなたの過ごしやすい形に組まれているのです。子供もそれに馴染んでいるとは思いますが、子供に対しては今のサイクルを続けること、そして新しいサイクルができたときに順応できる力を養うことこのどちらも必要になってくる要素です。今の生活サイクルが楽なのは親だけ。子供にはいろんな経験を誘うが良いと言う気持ちを持ったほうが前向きに取り組めるでしょう。

習い事での人間関係は大丈夫かな?

学校であれば人間関係でつまずいていたり、うまくいかない時があれば本人から聞いたり、学校の先生から連絡があったけど比較的傷つきやすい環境であると思います。習い事に関しても同じ基準を求めて良いのか?答えは×です。習い事と言うものはお金を払って教育をしてもらう場所。人間関係を教えてくれる場所ではありません。習い事に関しても同じ基準を求めて良いのか?答えは×です。習い事と言うものはお金を払って教育をしてもらう場所。人間関係を教えてくれる場所ではありません。学習塾であれば人間関係が最悪でもテストの点数が上がれば成功と言うのが習い事の世界です。

もちろん習い事や学習塾側からしたら、やりづらい要素があってそれにより生徒が減ってしまう要因になるのであればそこを回避する手を打ってくるとは思いますが、過剰にそこに労力を割く事はしません。それをやっても成績は何も変わりませんから。

人間関係でのトラブルやつまずきに関しては親が気づいてあげるしかありません。これも社会勉強の1つかもしれません。学校以外の友達との付き合いが生まれてくると言う事は親としてそういったスキルも求められるということを頭の片隅に入れておきましょう。

帰りが遅くなるのが不安

1番心配しなければいけないのはこの部分です。物騒な世の中ですから、いつどこでどんな時に我が子に事故が起きるか分りません。交通事故誘拐、見知らぬ人に声をかけられるなどあり、暗い夜道を1人で歩かせるのはとても気が引けてしまいます。

何かあった時のために万全の策をとっておかなければいけません。もちろん理想はすべての送り迎えを親が同伴で行ってあげられれば良いのですがそれも現実的に難しい、他の子がそこまでやってないのに家の子だけと言う場合があるのであれば設備便で子供を守る体制を作りましょう。

安く済ませるのであれば防犯ブザー。学校で配布してくれている実際もあります。比較的安価で済ませることができますが、いざトラブルが起こったときに子供がすぐに防犯ブザーと言う判断を下せるかどうか不安が残りますね。

安全性を高めるのであれば、スマホを持たせてしまうのが手っ取り早いです。スマホを持たせることにより連絡がいつでも取れるようになる。GPS機能をつけていつどこにいるのかすぐに把握することができる環境を作っておけば、ちょっと帰りが遅いなと思った時でもすぐに調べて帰宅時間の予測を立てることができ親としても振動を最小限に抑えることができます。

月額料金であれば2000円から3000円と少し割高になってしまいますが、自分も子供も安心できる方法はやはりスマホが1番だと思います。

まとめ

子供のやりたいことをやりたい気持ちは言葉ではなく顔を見て読み取り、その取り組みが将来の子供にどう帰ってくるのか予想をして取り組む取りくまないを判断してあげること。

習い事を始めるにあたって不安な要素は多々あるが、将来社会に適応するために必要な不安であれば積極的にトライさせること

事故や誘拐など犯罪に巻き込まれる可能性が上がるのも事実。理想は送迎することだが、難しいようであれば防犯ブザーやスマホを持たせるなどして犯罪に巻き込まれない、巻き込まれても追跡が出来るようにすること。
スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの知識

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.