節約術 ひとりごと

【ガラケーは恥ずかしいから止めて】小学生の娘に言われて考えたこと

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

ガラケーを持っていることは恥ずかしいことですか?最近ではガラケー所持者もだいぶ少なくなってきました。そんな中でも私はガラケーを使い続けています。スマホユーザが増えた中でガラケーを使っていてちょっと悲しくなったエピソードをお話しします。

子供に言われました「ママ恥ずかしいから携帯出さないで」

私には小学校低学年の娘がいます。小学校低学年ではありますがもうすでにスマホ欲しいと言われ続けており、毎回毎回断る理由を探しでは納得させるよう頑張っています。

そんな娘に言われました。「お母さん恥ずかしいから携帯出さないで。」携帯を出すことが恥ずかしい?最初はどういう意味なのか理解できませんでした。よくよく話を聞いていくと、周りがみんなスマホ使ってんのは当たり前と言う中で、私だけガラケーを使用しているのが恥ずかしいと言う意味でした。

私はまだ使える携帯を使い続けたい

確かにこれだけスマホが浸透している中でガラケーでどうなんだろうと自分でも考えた事はあります。しかし、私にしてみればガラケーで十分なんですよね。次買い換えるのであればスマホにしてもいいかなと思いますが、今使えるガラケーをわざわざ捨ててまで新しいスマホに買い替えたいとは思いません。だから今私は携帯を使い続けています。

しかし娘からするとお母さんがスマホじゃないから恥ずかしいと言う感覚なのでしょう。そんなことを言われると思わなかったのでびっくりしました。娘の気持ちもわからなくはないです。やっぱり子供の頃って自分の環境周りと比べると言うのは何事においてもよくあること。私も小さい頃は、自分の家族だったり家だったり、おもちゃだったりご飯だったりいろんなものを友達と比べて優劣を自分の中でつけていた記憶が蘇りました。まさに娘は今その時の私と同じ気持ちにいると言うことでしょう。

今回の件で娘に教えたいこと

昔の私の気持ちと今の娘の気持ちを重ねて考えたときにどうしてあげることが娘にとって1番良い方法なのかなと考えました。スマホ買って周りと同じ立場に置いてあげることなのか、それとも使えるものを大切に使っていく精神を教えることなのか。

答えはすぐ出ました。

私の選んだ答えは「ガラケーを使い続ける」ことです。スマホに変え帰る事はいつでもすぐにできること。すぐにできて簡単に喜びを持てること。でもガラケーを使い続けてその中で得られる経験と言うものは今の娘にも将来の娘にとってもきっと役に立つことでしょう。買いたいものがあっても使えないときの練習にもなります。

おそらく親としての苦労が増えるでしょう。この先もずっとスマホにしてと言われ続け、何なら自分もスマホ欲しいと言われるかもしれません。その中ですぐに欲しいものが買えないときの気持ちの作り方やものを大切にすることの教育。今わかってもらえなくても将来大人になったときにその大切さに気づいてくれると私は信じています。

でも親として心苦しい部分もあります。だからやっぱり、次私のガラケーが壊れるようなことがあったらスマホにしてみようかなと思っております。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-節約術, ひとりごと

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.