ひとりごと

【会社を辞めないで頑張って来たサラリーマンこそ注意が必要】仕事を自己満足で終わらせないコツ

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

サラリーマンとして働くすべての方へ

あなたはサラリーマン何年目でしょうか。私はちょうど今年で10年目になります。この10年間を振り返ってみて思ったことがあります。私の人生において会社との付き合い方はこれで合っているのかということ。

大学を卒業して会社に入社し同じ会社で10年の月日が流れました。入社当時は何もかも知らない状況で仕事ひとつひとつに戸惑う環境でありましたが、今は経験と役職がついたことにより安定した労働環境で毎日過ごすことができています。

私が会社で過ごしたこの10年間自分では順調に過ごすことができたと実感しています。ただそれと同時に思うこと。この先も同じ会社でこの働き方を続けていくことができるのか?このようなことを感じたことには1つのきっかけがありました

10年と言う月日があればある程度の事は何でもできてしまう立場になるもの。自分が仕事を覚えること、部下に教えること、その辺のことに関しては網羅してきたつもりです。ただここにき来てつっかかる部分が出てきました。

人に教えると言うことに関して、【今までの教え方が通用していない】という実感を持ち始めたことです。

私は人に教える際に自分が覚えた形や自分が教えてもらった経緯教え方など様々なことを組み合わせて教えるように心がけています。20代の頃はそれで伝えることができていました。おそらくそれができていた要因は年齢が近く自分の言葉が素直に相手に伝わったからだと解釈しています。

しかし、30代になり、世代の違う相手に今までと同じことを伝えると自分の言葉が相手に入っていかないのです。その伝わっていない要因は何なのか考えたときに1つの答えが出ました。それは私の教えるという概念が固まりきっているということです。

初めて教える立場になったときどうやって教えようどういう順番で教えよう様々なことを考え教え方を試行錯誤してきました。しかし教える側としてある程度教えきった状況になるとこれは教えたことがあるからこう説明するといった自分の中での方程式が出来上がってきます。

そうなると教えることに関して、考える要素が抜けて、説明すると言う分野に陥るわけです。また、今までやってきた経験値もあり、自分の言葉に疑いもなく自信を持って説明するようになってしまうわけです。そうすると相手が理解していなかった時、その原因は相手にあると解釈をしてしまいます。年が離れた世代に伝えるとなるとより一層の距離感を感じるものです。

まさに昔の自分が描いていた自分がなりたくない姿に近づいていると実感せざるを得なかった瞬間です。私はいつでも人と接するということを大切にして仕事をしてきたつもりでした。

若い頃は私1人の力で何でもやろうという気力で仕事を頑張っていましたがそれでは通用しないと言うことに気づき、1人の力ではなく会社、仲間、組織の力で仕事をしようと切り替え、そこから教えることの重要性、モチベーション管理の大切さを理解し、チームワークを重視しながら仕事を進めてきました。

そんなことを考えていながら、1番大切な要素である人材教育の場において、私は知らないうちに手を抜いて教育をしていたと言うことです。おそらくこれは他の事にも起こりうる現象だと思います。

人は楽をする生き物です。苦労を避けて楽な道を選びたがるのはみんな一緒です。その楽な道が平ではなくても自然と楽な方法をとってしまいます。

効率が良い=楽と言う解釈がつながりやすいことも良いかもしれません。

私はこの時点で今この事柄に築けた事は良かったと感じています。なぜならこの先の10年20年を無駄にせずに過ごせる価値を与えられたと言うことだからです。このことに気づかずに自己満足な提示を続けていたとしたら、そのことに気づいたのが何年も後になっていたとしたら、残念な気持ちで胸がいっぱいになるでしょう。

伝えたいことをまとめます。

あなたの持っている自信や経験値は固まりきったものほど疑いの目を持って見つめ直すこと。あなたの意見が正しいから自信があるわけではありません。その経験値で今まで乗り切れたから、あなたが通ってきた道だからそのやり方が通用した、そのやり方により、立場役職が上がり発言力がましたから。

このような要素があるからあなたは今その意見で社会人をやり通せているだけです。その意見が万人に通用するわけでは無いということを自覚しましょう。

ではあなたがやる事は何なのか?

簡単です初心に戻りましょう。初心に戻って相手の気持ちを考えてその人に1番いいと思う方法をとって伝えてあげてください。昔と違ってあなたはたくさんの技術を持っています。部下や同僚との信頼関係があります。あなたが1人でできなかった場合、同僚にどう手助けをして欲しいかそこを考え伝え行動させる力もあるはずです。

再度仕事は全員でやるものという気持ちを持ち直しましょう。仕事を自己満足で終わらせない。自分が他の地区働く、そのためにみんなが楽しく働ける環境にする。それがあなた自身40年仕事を続けていくコツとなる事は間違いないでしょう。

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-ひとりごと

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.