スマホの知識

【格安スマホに機種変】LINEのID検索ができなくなった

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

格安スマホのデメリットの要素としてLINEのID検索が使えないということが挙げられます。

格安SIMでLINEは使えるのかLINEの友達の追加方法はどうすればいいのかそんな疑問があり格安SIMをさけている方もいると思います。格安SIMでもすべての格安SIMでLINE ID検索ができないわけではありません。ID検索ができる格安SIMの紹介やその対策についてここでは紹介したいと思います。

格安スマホはなぜLINEのID検索が使えないの?

格安スマホはなぜLINEのID検索が出来ないのでしょうか?LINEでID検索ができない場合は「該当するユーザーが見つかりません」などのエラーが出てしまいます。格安SIMでLINE検索してもらう方法は…そもそも格安SIMでLINEのID検索ができない理由は年齢の認証ができないことによります。友達の検索を行った際、

「この機能の利用には、契約キャリアでの年齢確認が必要です。年齢確認が行われていない場合、この機能が利用できないことがあります。友達を追加する場合、フルフル機能などをご利用ください。」

LINEのID検索と電話番号検索を行うとこのようなエラーが出てきてしまいます。つまりID検索電話番号での検索LINEのつながりをつかむ方法を熟知しておく必要があります。

なぜ格安SIMでLINEのID検索電話番号検索ができないかと言うとその理由は18歳未満の利用者の保護が目的であると言われています。LINEの公式ブログによると見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止している、トラブルを回避する、このような理由から18歳未満のLINE ID設定ID検索を利用できないように機能制限を実施すると記載されています。

大手3社キャリア、ドコモauソフトバンクこちらに関しては18歳の確認が取れる通知がLINE上で行われています。しかし格安スマホの会社は会社数も多く滑りに同じ条件で適応するわけにはいかないためLINE側でも対応に追いつけていないと言う事情でしょう。

しかしここで目をつけて欲しいのは、格安SIMであってもLINEのID検索が行える会社があると言うこと。

LINEでID検索が出来る格安スマホとは?

LINEでID検索ができる格安スマホの会社は2社あります。まずそのひとつの会社がLINEモバイル

本家のLINEが運営しているため、年齢を確認することができるため、IDの検索を行えることができる。また自社の優位性を保つために他との差別化を図っていると言う考え方もできるでしょう。

そしてもう一つ意外に知られていないのが、ワイモバイルである。ワイモバイルは上会社がソフトバンクであるからシステム上の連携により年齢の確認をとることができる。格安SIMの中でも検索を重要視するのであればこの2社から契約会社を選定するのが妥当策であろう。

LINEのID検索のためにケータイ会社選ぶってどうなの?→ID検索以外の方法で友達追加

LINEでID検索が出来なくても対処方法はあります。この2社でなくても格安SIMでLINEを使用する際に代替え案がいくつかあるので紹介します。ID検索の外にも友達を追加する方法はいくつか装備されているLINE。

1.QRコードを使用する。自分のLINEアカウントのURLを送る

2.フルフル機能を使う

3.友達自動追加機能利用する

4.パソコンにおいてID検索を行う

これらの方法が挙げられるがよくよく考えるとLINE ID検索はできないこと自体は格安SIMのデメリットと言うほどの問題でもないのでは?

実際に会った人とIDを交換する際に1番友好的な方法はQRコードだと思う。QRを表示してカメラで読み込むだけなのであるから1番手間としては少ない。ID検索や電話番号検索の優れている点は目の前に相手がいなくても連絡先を交換できると言うこと。

ではそのような状況はいつ生まれるのであろうか?目の前で会った人と連絡先を交換する際にID検索や電話番号の検索を行ってはいないであろうか?今までの自分の行動を振り返ってみてそれが最適な方法だったのか考えてみると私の場合ID検索がその利便性をいかせていなかったと気づくことになった。もちろん便利な機能であることに変わりはないがこれだけが欲しいがためにLINEモバイルやワイモバイルを選ぼうと私は思わない。

まずは思い返してみて欲しい。最近LINE IDを交換したのはいつですか?どんな方法で交換しましたか?その方法は最適でしたか?代替え案はありますか?

捉えようによっては、今回取り上げた話題に関しては特に問題視する必要もないように感じる。むしろそれぞれのライフスタイルにより捉え方が違ってくると思うが、自身にとってデメリットでもないことを、周りに合わせてデメリットなどを考え続ける事はそもそも意味がない。

今回はLINE ID検索ができないことに対する代替案と言うことで議題に取り上げたが、本当に考えていかなければいけない事は周りが言っている意見が果たして自分にも妥当なのか、自分にとってもほんとにデメリットがあるかなど問題視を問題視してみると言う事を意識付けたいですね。

スポンサーリンク

(注目記事)【中高生のスマホ代をもっと安く】LINEモバイルを活用しよう

中高生のスマホ代をもっと安く!

1

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~! 【こんなに安くていいの?】LINEモバイルとは一体なに? LINEモバイルというのは、メッセージアプリLINEが提供する格安スマホの会社のことです。格安スマ ...

-スマホの知識

Copyright© 格安スマホまるわかり講座 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.